小規模事業者持続化補助金

こんにちは。
今回は小規模事業者向けの補助金を紹介させて頂きます。
この補助金は小規模事業者向けにポストコロナを踏まえた新しいビジネスやサービス、生産プロセスの導入を支援するものです。経営計画を作成して取り組む必要があります。
「事業再構築補助金」の小規模事業者向けと言ったところですね。飲食業に関しては常時使用する従業員の人数が20人以下と事業者が対象となります。記事の最後にURLを付けておきますので、詳しくはそこからHPでご確認下さい。

金額は

補助上限額:1,000,000円
補助率 3/4

となっております。また、緊急事態宣言に伴う影響を受けた事業者は上限を最大50万円引上げられます。

対象となる経費は、新事業で必要な機械やツールの購入費用やリース・レンタル料、新サービスを紹介するための広告料、指導を受けた専門家への謝金、アクリル板など感染防止対策費など幅広いです。また、この補助金は2021年1月8日以降に発生した経費でしたら遡って補助対象経費として申請することが出来ます。

公募は6回を予定されており、受付締切日は以下の予定です。

 

第1回 2021/5/12
第2回 2021/7/7
第3回 2021/9/8
第4回 2021/11/10
第5回 2022/1/12
第6回 2022/3/9

 
第1回と第2回はもう締め切られておりますが、第3回以降はまだ間に合いますので、新しいビジネスやサービスをお考えの方は検討してみると良いかもしれません。

申請は電子申請のみ受け付けており、具体的には,経産省開発の補助金電子申請システム(jGrants)で受け付けるとしており、jGrantsの利用にはGビズIDプライムアカウントの取得が必要となります。これから補助金は「事業再構築補助金」も電子申請のみの受付なので、今後の補助金の受付にはこのアカウントが必要になってくるのかもしれませんね。

緊急事態宣言地域が拡大され、札幌市も対象になりました。長丁場の新型コロナの影響で皆さん厳しい経営状況だと思います。弊社でお手伝いさせて頂ける事もあると思いますので、お気軽にご連絡下さい。

参考HP
小規模事業者持続化補助金
https://www.jizokuka-post-corona.jp/

関連記事

  1. 消費税増税時に飲食店が検討すべき価格戦略

  2. 小規模企業共済の加入

  3. 飲食店向け新型コロナウイルス関連情報

  4. 専従者給与の支給

  5. 広告宣伝の実施

  6. 『同一労働同一賃金』が与える飲食店への影響

PAGE TOP