まん延防止等重点措置(緊急事態宣言)に関する支援金について

こんにちは。
札幌市内のコロナの患者数が増えており、まん延防止等重点措置(緊急事態宣言)が取られております。
今回はこれに関する支援金のお話です。

国から月次支援金という支援金を受け取ることが出来ます。
給付対象は以下の通りです。

1.緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること
2.2021年の月間売上が、2019年又は2020年の同月比で50%以上減少していること

給付額:比較年の基準月の売上-2021年の対象月の売上
※中小法人は上限20万円/月、個人事業者ですと上限10万円/月となります。

また、札幌市からも感染防止対策協力支援金という支援金があります。

給付対象は以下の通りです。

1. 飲食店(施設内で食事をすることが目的の施設)又はカラオケ店であること
2. 札幌市内で、食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けて営業していること
3. 要請期間の前日(令和3年4月26日)時点で、上記許可を取得のうえ営業実態があること
4. 従来(協力要請期間以前)から、午後9時を超えて営業を行っていること(5月6日以降は、「従来から、午後8時を超えて営業を行っていること」が対象要件となります)
5. 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業にあたって業種ごとに定められたガイドラインを遵守し、感染防止対策を徹底していること

給付額:1店舗1日あたり中小企業は3万円から10万円(売上高の4割をもとに計算)

こちらの支援金を受ける際、5/12以降の要件が「酒類の提供を行わないこと」となっていますので、ご注意下さい。また、5/13以降から協力した場合には支給要件を満たさないのでそちらも合わせてご注意下さい。

どちらも申請時期の受付はまだ公表されていませんが、ほとんどの事業者さんが該当すると思いますので、事前にご準備頂くとスムーズに申請出来ると思います。

長丁場の新型コロナの影響で皆さん厳しい経営状況だと思います。弊社でお手伝いさせて頂ける事もあると思いますので、お気軽にご連絡下さい。

参考HP
月次支援金:https://www.meti.go.jp/covid-19/getsuji_shien/index.html
感染防止対策協力支援金:https://www.city.sapporo.jp/keizai/chusho/kansentaisakusienkin.html

関連記事

  1. 令和2年確定申告期限・納付期限延長 振替納税について

  2. 制服・作業服の購入

  3. 専従者給与の支給

  4. 家賃、保険料の1年分前払い(短期前払費用の特例)

  5. 小口現金の活用のススメ

  6. 【令和2年】年末調整変更点

PAGE TOP