集中対策期間の延長に伴う営業時間短縮等の要請、支援金

新型コロナウイルスが依然感染拡大を続けていますが、北海道はススキノの一定の地区のみを対象として営業時間短縮を11月7日~11月27日までの期間で要請していましたが、11月28日~12月11日まで2週間延長し、札幌市全域で接待を伴う飲食店に休業を要請することとしました。

概要は以下の通りとなります。

【対象、要請内容】

①札幌市内の“接待を伴う飲食店”         → 休業要請
②ススキノ地区で酒類提供を行う飲食店      → 営業時間短縮要請
③ススキノ地区で酒類提供を行うカラオケ、料理店 → 酒類提供時間短縮要請

応じて支援金も支給されています。

【協力支援金】

上記①  → 60万円
上記②③ → 30万円

その他交付要件詳細は下記をご参照ください。
https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/jigyosha/tsuika_yosei.html

関連記事

  1. 軽減税率制度に関する国税庁Q&A集

  2. 【参加必須】Go to Eatキャンペーン・Go to トラ…

  3. 新型コロナウイルス対策による休業要請、支援

  4. PCR検査は経費に計上できるの?従業員の給与になる!?

  5. 小口現金の活用のススメ

  6. 令和3年4月~ 総額表示(税込表示)の義務付け

PAGE TOP