参加費無料!札幌市飲食店未来応援クラウドファンディング第3弾 参加店舗受付中

札幌市飲食店未来応援クラウドファンディングとは?

2020年9月1日(火)12:00より、札幌市飲食店未来応援クラウドファンディングの第3弾がスタートします。第1弾、第2弾とすでに実施されている、札幌市の応援企画です。
支援者は1,000円の支援に対し1,300円のお食事券が発行されるという仕組みで、現在その第3弾参加店舗申込受付中となっています(申込受付期間:8月1日17時~9月15日23:55まで)。

支援者が300円お得になるだけではなく、この企画の着目する点は、店舗の参加費用が無料なのにも関わらず、お食事券プレミアム30%分と決済手数料は札幌市が負担してくれます。

参加条件

参加条件は以下の通りです。
●北海道内に本社(本所)を有する中小企業または個人。
●札幌市内で営業している飲食店舗。
●風営法第2条に規定する風俗営業・特定遊興飲食店営業・接客業務受託営業ではないこと。
●食事の提供を主目的としないスナック、バーその他これらに類するものではないこと。
●デリバリー、テイクアウト専門のお店ではなく。席数が0ではないこと。
●1支援者から店舗上限金額の20%を超える支援があった場合、予告なく該当する20%を超える支援について、取り消しされることに異議はないこと。
●店舗関係者が現在又は将来にわたって、暴力団等の反社会的勢力に該当しないことを表明、確約すること。

上記すべてに該当する場合、クラウドファンディングに参加することができます。
第1弾、第2弾に参加された店舗であっても、第3弾参加可能です。

申し込み後のスケジュール

クラウドファンディングで集まった支援金+30%上乗せされた現金が口座に振込され、同じタイミングでお食事券が事務所から店舗に発送されます。
お食事券はお店の押印をもって有効となりますので、支援者に対し来客を促してお食事券の受け渡しを行うというフローです。つまりお客様がご来店される前に、支援金全額と+30%分が店舗に振り込まれるということになるので、キャッシュフロー的にも店舗側は有利となっております。

詳細、申込は以下のURLよりご確認ください。
https://actnow.jp/news/sapporo-food3/

関連記事

  1. 飲食店向け新型コロナウイルス関連情報

  2. 消費税の簡易課税制度の活用

  3. 経営持続化臨時特別支援金

  4. 青色申告特別控除

  5. 設備投資時の課税事業者選択

  6. 軽減税率制度に関する国税庁Q&A集

PAGE TOP