決算賞与の支給(個人事業主の場合)

個人事業主の飲食店の節税対策の一つとして、従業員への賞与も経費として計上することができます。
ただし賞与の支給に関しても条件があり、今年の経費として計上するためには、年内に賞与を支給してください。
注意点としては、たしかに節税対策ではありますが、年末までに従業員へ賞与を支給するための現預金が必要です。

例えば、賞与:100万円で、税率が30%だと仮定した場合、100万円×30%=30万円の税金が安くなったということになり、節税になります。
ただ、実際に手元の現預金は100万円減っているので、賞与を支給しない場合と比べると、70万円少なくなる計算になります。
しかし賞与は従業員のモチベーションをあげ、経営全体の視点から見てもプラスになるのではないかと思います。
タイミングとしては、確定申告前に年間の見通しがでた頃がおすすめです。ぜひご検討ください。

関連記事

  1. 【続報】7/14申請スタート!家賃支援給付金

  2. 札幌市営業時間短縮要請について

  3. 自家製のお酒は酒税法違反!?

  4. 新型コロナウイルスに係る無利子・無担保融資制度

  5. 商業・サービス業・農林水産業活性化税制(経営改善設備投資促進…

  6. 専従者給与の支給

PAGE TOP