札幌市の新型コロナに関する協力支援金について

こんにちは。
札幌市内のまん延防止等重点措置は解除されましたが、営業時間、酒類の提供については規制が続いている状況です。
早く営業時間短縮が解除されると良いのですが。
今回はこれに関する支援金のお話です。

先ず初めに6/21-7/11の営業時間短縮等の要請に関する支援金の申請受付が7/12より開始されました。
支援金額は中小企業でしたら1店舗1日あたり3~10万円です。
新規開業の方も少し計算方法が違いますが、前年の売り上げ実績がなくとも申請出来ます。

詳しくはこちらのHPをご覧ください。
https://www.city.sapporo.jp/keizai/chusho/manenboshi_0621iko.html
申請期限は8/31までとなっております。

また、それに伴い

・4/27-5/11の営業時間短縮等の要請
・5/12-5/31の営業時間短縮等の要請
・6/1-6/20の営業時間短縮等の要請

これら3回の要請に関する協力支援金の申請期限はもう締切となっていたのですが、同じく8/31までに延長となりました。
申請期限が過ぎてしまい諦めていた方もこの期間の分も申請が間に合いますので、お早めに手続きのご準備をされると良いと思います。

現在進行中の7/12-7/25までの営業時間短縮等の要請に関しての申請は7/26から始まる予定となっております。期限は前のものと同じく8/31までです。
支援金額は中小企業でしたら1店舗1日あたり2.5~7.5万円と前回より前回よりも少なくなっています。営業時間が伸びたからでしょう。それでもと思うのですが。
前の要請分の協力支援金の申請がまだでしたら、それらと一緒に申請すると良いかもしれません。

こちらも詳しくはHPをご覧ください。
https://www.city.sapporo.jp/keizai/chusho/taisakusienkin_0712iko.html

長丁場の新型コロナの影響で皆さん厳しい経営状況だと思います。弊社でお手伝いさせて頂ける事もあると思いますので、お気軽にご連絡下さい。

参考HP
新型コロナウイルス感染症に関する市内事業者向け支援について
https://www.city.sapporo.jp/keizai/top/keizai/coronasien.html

関連記事

  1. まん延防止等重点措置(緊急事態宣言)に関する支援金について

  2. 決算賞与の支給(個人事業主の場合)

  3. 従業員が新型コロナウイルスに感染してしまったら

  4. 新型コロナウイルスに係る無利子・無担保融資制度

  5. Go To Eatが再開しております

  6. 家賃、保険料の1年分前払い(短期前払費用の特例)

PAGE TOP